PC初期設定サービスのことなら幸区のウェブテック

設定のことなら地元幸区のウェブテックにお任せください

ウェブテックは訪問によるパソコン・PCの初期設定サービスを提供しています。開梱から設置、初期設定、インターネット接続、無線LAN接続、プリンタ設定、メール設定、共有設定、データ移行などパソコンに必要な設定を行います。



パソコンの代表的トラブル事例を紹介しています。
依頼する前に確認して自分で直せる方のためのご参考事例です。

依頼せず自分で直せれば幸いと思い記載しています。


 
 

最初
1.ケーブル・コンセントがしっかり接続されているか。
  1)接触不良もありますので抜き差しする。
    ・電源、マウス、キーボード、USB、マウス等
2.マウス、キーボードのみを付けて再起動する。
3.Windows8.1以降は電源のシャットダウンと再起動は違いますので、必ず再起動してみてください。

 

 
 

故障の判別

1.モニターに何が表示されている内容を書きとめる。
  特にブルースクリーンやバラックスクリーンは深刻。
  1)OSが見つからない「perating System Not Found」
    HDD故障、HDD内クラッショ、OSの最初の起動Bootstrap無し
  2)HDDが見つからない
    HDD故障、ケーブル抜け(PC内SATA等)
  3)メモリーエラー
    頻度は少ないが、windows起動中突然落ちるなど不安定なことが多い。
    PC内のメモリを再度抜き差しする。またメモリーの相性問題もあります。
  4)FAN回転していない。
    PC立ち上げ時に『CPU Fan Error Press F1 to Resume』などとでます。
    PC内のいずれかのFAN交換となります

2.画面が真っ暗で何も表示されない
  1)電源SW、電源自体、ビデオカード等。
    ・電源SWを何度か押して入ればSWが疑われます
    ・電源SWを押してマザーボードにLEDランプ点灯するかしないか。
     点灯しない場合は電源が疑われます
     点灯する場合はビデオカードかモニターが疑われます。
     この場合はディスクが回るはずですの良く見ておいてください。
  2)電源投入時にビープ音で警告
    PC内ビデオカードを抜き差し、またはメモリーカードを抜き差しします。
    「ピーーピピピ。ピーピピピ。」・・・VGA カードの故障。もしくは正常に挿さっていない。
    「ピーーピーーピーー」・・・メモリの故障。もしくは正常に挿さっていない。

3.その他
  1)モニター解像度落ちた、暗い
   ・モニター寿命
  2)頻繁にブルースクリーン
    一般的に、電源、OS(再インストール必要)、HDD交換、メモリー等。
   ・判定が非常に難しい。徐々にやっていかないと直らない。
    まずはお金がかからないOS再インストール、電源、HDD,メモリの順番

簡易判別

Ubuntu 等のブータブルディスクを用意してPCが起動するかどうか確認。
Ubuntu 等でHDDで電源確認
  1)起動しないときは電源の12V確認
  2)起動できる場合はHDAT2SeaTools 等でチェック
  3)Ubuntu で起動出来た場合、
   ・各種ハードの動作チェック。
    メモリ、ビデオカード、USBコネクタ、ネットワーク関連のチェック。

USB機器のチェック

Windows PCは、USB機器の原因でPC不調になることもあります。
   1) 複数のUSB機器を取り付けている場合は以下の確認を
      ・機器同士の相性問題確認
      ・接続過多による電源供給不足
      ・PCの設計を超える容量接続
      ・USB3.0ポートにUSB2.0の機器を接続
      ・USBポートや電源が劣化
その他

以下こんな所に注意をしてはどうでしょう

1.電源ユニット3年以上たったら要注意
2.USB関係
  ・USBの給電能力500mAを超える場合、USB3.0ポートにUSB2.0機器を接続(PCが不安定)
3.電源電池 
  ・電源プラグを抜いて電源を入れなおすと日付、時刻がクリア。これは電池交換です。

4.HDDトラブル
  ・異音がしたりエラーが出る。不安定。
   こんなことがあったらすぐにデータのバックアップを取りましょう。
   データ容量によりメモリーステックとか外部ハードディスク
5.CD,DVD
  トレーがでない。DVD-R等の書きミスをする等。劣化が多い。
6.わからないメッセージはgoogleの検索に入れてみてください。
  対処方法に大いに役に立ちます。